Gゲージの楽しみ方

鉄道模型のGゲージは、最小サイズであるZゲージと縮尺で比べると、大きさは約10倍となっており、鉄道模型の中でも最も大きなサイズとして存在感のあるアイテムです。大きいを意味するドイツ語「Gross」が名前の由来になっていることからも分かるように、ドイツでの生産が盛んに行われた商品です。

Gゲージヨーロッパでは、庭の敷地に屋外レール等を配してレールを置いて走らせたり、「庭園鉄道」ファン向けの鉄道模型としてファンに愛されています。日本のシェアはNゲージがほとんどを占めていますのであまり見られないGゲージのアイテムですが、もちろん日本のファンの中にもGゲージファンは多く存在しています。Gゲージの完成品は、国外からの輸入品であり、車両も外国のタイプということになります。

そのほとんどが海外から入ってくる商品とあって、Gゲージという鉄道模型買取の価格は非常に高い傾向にあります。Gゲージファンの間では高値取引もされている為、買取店での査定にも期待できるアイテムです。一時は愛好したけれど、今は使わなくなったGゲージアイテムがあるという方は、買取店での売却がお勧めです。貴重なアイテムは、驚く程高く査定される可能性もあります。ぜひ一度、オンライン査定を利用して、相場等をチェックしてみてはいかがでしょうか。

鉄道模型サイズの種類

Gゲージ鉄道模型のGゲージは大きな模型が室内スペースで楽しめるとあって大ヒット商品となり、大型模型のシェアを伸ばすきっかけになったとも言われています。逆に、鉄道模型の中で軌間が9.5mm、縮尺は1/220という、最も小さいサイズがZゲージです。これ以上小さい規格は以後登場することはないだろうという事で、アルファベットの最後のZが使われたのが名前の由来となっています。ファンの間では、その小さい特長を生かし、手持ちができるトランク内に、レールやジオラマを配して楽しむ「トランクレイアウト」が人気となっています。

他にも、日本で人気があり大きなシェアを誇るNゲージがあります。英語の9「Nine」の頭文字がとられたNゲージは、日本での規格は軌間9mm、縮尺が1/150となっていますが、イギリスでは1/148、欧米では1/160ですので、1つの規格に大きな幅が生じています。

こちらも小型サイズの分類になり、走らせるスペースも少しで済みますので、コンパクトさが受け、人気の理由の1つとなっています。大きなスペースを確保できない家庭でも、鉄道模型を楽しむことができるとあって、日本国内の鉄道模型市場のシェアの多くを占め、多くのメーカーから沢山の種類が展開されている規格でもあります。

Gゲージの楽しみ方

鉄道模型の買取価格

鉄道模型の世界は奥が深く、その種類も膨大で、子供が集めるようなリーズナブルな模型から、ずっしりと重く、本物を再現するような質感で、精巧に作られた高級な模型まで、多種多様なアイテムが展開されています。

ゲージ鉄道模型を分類する規格に、ゲージという表現があります。Nゲージ、Oゲージ、Zゲージ、TTゲージ、Gゲージ等のように表され、鉄道模型の世界特有の専門用語となっています。鉄道模型は、言い換えると鉄道のミニチュアということになりますが、縮尺と走らせる線路の幅(ゲージ)によって、いくつものタイプに分けられています。そのゲージが異なる場合には、線路の種類や、その鉄道模型を取り巻くジオラマ、鉄道グッズのサイズも変わってくるという訳です。つまり、鉄道模型ファンにとって、この種類は大きな違いであり、同じ線路で走ることはできない全く別アイテムとして認識しているファンもいる程です。

中でも、Gゲージと呼ばれるものは、ドイツ語の「Gross(大きい)」から文字がとられており、とにかく大きなサイズであることが特徴となっています。当初は軌間45mm、縮尺1/22.5の規格でしたが、後に軌間が45mmでも、違う縮尺の商品も発売となった為、現在では鉄道模型全体における、軌間45mmの製品について広い意味で使用されている規格となります。Gゲージの商品は、大型鉄道模型として大変人気がありますので、買取価格も高値がつく可能性が高い為、不要になったGゲージがあるのであれば、買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

鉄道模型サイズの種類