鉄道模型の買取価格

鉄道模型の世界は奥が深く、その種類も膨大で、子供が集めるようなリーズナブルな模型から、ずっしりと重く、本物を再現するような質感で、精巧に作られた高級な模型まで、多種多様なアイテムが展開されています。

ゲージ鉄道模型を分類する規格に、ゲージという表現があります。Nゲージ、Oゲージ、Zゲージ、TTゲージ、Gゲージ等のように表され、鉄道模型の世界特有の専門用語となっています。鉄道模型は、言い換えると鉄道のミニチュアということになりますが、縮尺と走らせる線路の幅(ゲージ)によって、いくつものタイプに分けられています。そのゲージが異なる場合には、線路の種類や、その鉄道模型を取り巻くジオラマ、鉄道グッズのサイズも変わってくるという訳です。つまり、鉄道模型ファンにとって、この種類は大きな違いであり、同じ線路で走ることはできない全く別アイテムとして認識しているファンもいる程です。

中でも、Gゲージと呼ばれるものは、ドイツ語の「Gross(大きい)」から文字がとられており、とにかく大きなサイズであることが特徴となっています。当初は軌間45mm、縮尺1/22.5の規格でしたが、後に軌間が45mmでも、違う縮尺の商品も発売となった為、現在では鉄道模型全体における、軌間45mmの製品について広い意味で使用されている規格となります。Gゲージの商品は、大型鉄道模型として大変人気がありますので、買取価格も高値がつく可能性が高い為、不要になったGゲージがあるのであれば、買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

鉄道模型サイズの種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket